株式会社城南情報サービス

スタッフのみなさまへ

マイナンバーについて

ピンク丸スタッフのみなさまへのお知らせ

お知らせタイトルをクリックしてください

城南情報サービスは健康優良企業「金」の認定を取得しました!(2019.10.17)
ありがとう「感謝の集い」フォトギャラリーを開設しました!(2019.10.10)
健康経営方針を定めました(2019.4.1)

心の健康づくり計画
過重労働防止対策計画

総合相談室を開設しました(2018.8.17)

このたび、事務センター4階に派遣スタッフ専用の「総合相談室」を設置いたしました。
スタッフの皆様の日々の業務や家庭、健康における不安や諸問題について、その改善方法を一緒に探し、快適な職場環境を整えていくことを目的としています。
「総合相談室」は申し出たスタッフのプライバシーの保護に十分留意をして進めていきます。
皆さんが安心して働ける職場環境を創ってまいりますので、是非ご利用ください。
【概要】
総合相談室長:小林 和明
所 在 地 :城南信用金庫 事務センター4階 総合相談室(応接室)
専用電話番号:03-3708-6516(平日9:00-17:00)

金庫保養所のご利用、申込みについて(2018.5.14)
2018年 健康診断について(2018.4.23)

2018年の当社指定の健康診断(金庫と合同)は11月頃を予定しておりますが、当社の健康診断を受診せず、本人負担で人間ドック等(ママさんドッグ、役所の健診、健保の任意継続の検診等)で受診される方は、受診後に診断結果が出ましたら結果のコピーを2019年1月まで速やかに ㈱城南情報サービス まで送付して下さい。

城南情報サービスは「健康企業宣言」致しました(2017.1.17)

働く人とそのご家族の健康を守るため、城南情報サービスでは2016年12月16日に「企業全体で健康づくりに取組む」ことを宣言致しました。Step1として「健康経営を行うための職場の健康づくり、環境整備」をテーマに、共に職場の健康課題を解決していきましょう!
健康企業宣言はこちら

「城南ビジネスサポート(JBS)」ご利用下さい!(2016.3.14)

〇城南情報サービスは「城南ビジネスサポート(JBS)」の会員です。

ほぼ無料でセミナー受講やレクリエーション参加、プレゼント応募ができます。

派遣スタッフのみなさまも是非ご利用ください。

申込む際は城南情報サービスまでご連絡ください。

オレンジ丸産業医の先生から健康管理についてのお知らせ

お知らせタイトルをクリックしてください

2020年度健康づくり計画

新型コロナウイルス感染症と食中毒について(2020.6.17)

新型コロナウイルス感染症に備えて、こちらの~一人ひとりができる対策を知っておこう~を参照してください。
食中毒は、飲食店などで食べる食事だけでなく、家庭での食事でも発生しています。家庭での食中毒を防ぐのは、食材を選び、調理する皆さん自身です。3つの原則、6つのポイントで食中毒を防ぎましょう。
”食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント”を参照ください。

職場で受動喫煙に対応するためのポイント3つ(2020.5.20)

2020年4月、改正健康増進法の施行により職場でも受動喫煙防止の対策をする義務が発生しました。 知っておくべきポイント3つの詳細はこちらを参照してください。

大腸がん・胃がんについて(2020.4.14)

今、日本人の2人に1人が、一生のうち一度はがんになると言われます。「科学的根拠に基づくがん予防」を参照してがん予防に努めましょう。

 また、がん患者の3人に1人が就労世代という現代において、がん治療を受けながら、社会生活を両立するにはどうしたらよいのか、こちらを参照してください。

定期健康診断受診結果について(2020.3.16)

平成31年定期健康診断受診結果について産業医の渡邊先生よりご意見を頂戴いたしました。
「29年30年と比較して、改善しているように見える。対象者はやや増加しているが、年齢構成にそれほどの変化はないと思われる。血中脂質や肝機能は依然と高いが、この3年間改善している有所見者率も低下している。今後共一年に一度は健診を受け、健康改善に努めてほしい。また医療機関に受診が必要な方は受診し改善に努めましょう。」

また、新型コロナウィルス対策について「換気の悪い密閉空間」、「多くの人が密集」、「近距離での会話や発声」この3つの条件が同時に重なることを避ける、症状の軽い人からでも感染拡大することがある等の説明を受けました。
詳しくは『「3つの条件の重なりを避けて」 専門家会議が見解【全文】』『全文:新型コロナウイルス感染症対策の見解』を参照してください。

糖尿病・花粉症について(2020.2.19)

2型糖尿病になる前の段階を、「予備群」や「境界型」と呼びます。予備群でも心筋梗塞や脳梗塞などになりやすいといわれており、注意が必要です。
詳しくはこちらをご覧ください。

花粉症の症状を軽くするためには、治療とともに花粉が体に入ってこないようにする注意や工夫が大切です。自分でできる花粉症対策を参照ください。

脳卒中予防の秘けつ(2020.01.15)

脳卒中は怖い病気の2番目!です。増えている脳卒中を予防するために、危険(リスク)因子をできるだけ減らすことが重要です。
こちらの”脳卒中を防ぐには”を参照してください。

職場環境の改善について(2019.12.18)

職場環境の改善の効果は、従業員のストレスを軽減させることです。健康状態の改善につながります。こちらの”職場環境の改善はどのように行う?見直すポイント・事例をチェック! ”を参照してください。
職場の環境で改善要望事項がありましたら、ご相談ください。

インフルエンザ対策について(2019.11.20)

インフルエンザの感染を防ぐポイント”感染を防ぐポイント”を参照し予防をしましょう。

交通事故防止について(2019.10.16)

交通事故に対する姿勢を示すことで、顧客からの信頼を高めます。こちらのISO 39001(道路交通安全)は、交通事故の死者や重大な負傷者を減らすことを目的に、道路交通安全のためにさまざまな組織が取り組むべきマネジメントシステムの要求事項を定めています。

睡眠が健康に与える影響について(2019.9.18)

現在、日本人の5人に1人は、睡眠時に何らかの障害を抱えているとされています。時間が不足しているばかりか、内容にも問題があると考えられる睡眠。こちらの睡眠が健康に与える影響を参照し、理想的な睡眠を得るにはどうしたらいいのかを確認しましょう。

職場の温湿度管理について(2019.8.21)

働く環境は、従業員の健康やストレスに影響するとても重要な要素です。職場環境に対する不満やストレスは、作業効率の低下や離職につながることもあります。こちらの快適職場指針のポイントを参照し、快適なオフィスの必要最低限の条件を確認しましょう。

熱中症の予防・対策(2019.7.17)

いつでもどこでもだれでも条件次第で熱中症にかかる危険性がありますが、熱中症は正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。例えば、初夏や梅雨明け・夏休み明けなど、体が暑さに慣れていないのに気温が急上昇するときは特に危険です。無理せず、徐々に体を慣らすようにしましょう。”熱中症の予防・対策”を参照ください。

Copyright(C)JohnanInfomationService Co.,Ltd AllRightsReserved 2012